Yamazaki Bldg. 2F, 1-19-27 Minami-Horie, Nishi-ku, Osaka, JAPAN

Status: Gallery

Worksfollowingfollower
298410
御村紗也 個展「In the corner of the page」
TEZUKAYAMA GALLERYでは、9月16日(金)から10月15日(土)まで、御村紗也の個展「In the corner of the page」を開催いたします。

御村紗也は1997年に生まれ、大学院を修了するまでの6年間を京都で過ごし、現在は生まれ故郷である三重県を拠点に活動しているアーティストです。

学生時代より日常に溢れる何気ない瞬間や光景、または現象を主題としながら、様々な技法やテクスチャーに置き換えて画面上で構成し直すことで、叙情的な要素を含んだ絵画を制作しています。

日に照らされることで現れる影、風に揺れる木々の音、 肌で感じる温度や空気の香りといった、刹那的な情景を収めた写真をもとにドローイングを作成し、それらをシルクスクリーンの均一な線やリズミカルで軽やかな筆致、柔らかな色彩に置き換えてキャンバス上に再現します。

また、作品の表面には樹脂による光沢感のある塗面や水性アクリルによるマットな質感の塗面、下地材を用いた粒子状の色面など、一枚の作品の中でテクスチャーの差異が効果的に配されることで、多様な視覚体験を有した画面となっています。いくつかの身体的なプロセスを重ねて、作品の完成へと向かう姿勢は、泡沫のような触れられない存在を少しでも掴もうとする作家の意思を感じさせます。

今展は、この春に京都芸術大学大学院を修了したばかりである御村紗也のTEZUKAYAMA GALLERYでの初個展となります。会場では新たに制作された大作を中心に新作約15点が展示されます。

是非、御村紗也の初個展「In the corner of the page」にご期待下さいませ。



【アーティスト・ステートメント】

制作の最初に、メモを書くようにドローイングをします。

友達と電話をしている時や退屈な授業を聴いている時にする手遊びのように、とりあえず手を動かしながら描きます。

描くものは、なんとなく気になった光景です。

その光景は、ごく普通で日常に溶け込んでいますが、光が差す・風に揺れる・心地よい音がする・私/あなたがここにいる、色々なものによって

現れた美しい瞬間だと思っています。

生活の片隅にある変哲もないものが、意味を持つ瞬間をつくりたいと思います。
2022-09-13

Information

URLhttps://www.tezukayama-g.com/exhibition/in-the-corner-of-the-page
Address550-0015 大阪市西区南堀江1-19-27 山崎ビル2F / TEZUKAYAMA GALLERY - MAIN GALLERY

Other

栗棟美里 個展「あなたはこの世界にいるかもしれない。もしくはいないかもしれない。」
1988年生まれの栗棟は京都精華大学及び大学院で版画を学び、現在は出身地である神戸を拠点に活動しています。 大学在学中より作家としての意識を強く持ち活動してきた栗棟は、自らが撮影した写真を支持体とし、その上から描画を施すミクストメディアの手法で、美・存在・時間・生命といったものの本質を問い続けてきました。 2018年の個展「Still Remained」では、視覚による認識の本質・美...
西本剛己 個展「NEOLOGISM 21714-21743」
西本は1988年に筑波大学大学院芸術研究科を修了後、アーティストとして制作活動を始めます。 翌年に開催された初個展「NEOLOGISM/ネオロギズム」でのデビューから現在に至るまで、一貫したアプローチで制作を続けています。 哲学的思想からインスピレーションを受け、ビジュアル化する西本の作品は独創的な視点を内包する作品であるため、ある種難解にも感じますが、作品によって構成された空間は圧倒的...
上原浩子 個展「境界より」
1985年、群馬県に生まれた上原は、2012年に京都市立芸術大学大学院美術研究科を修了。その後も現在に至るまで京都を拠点に制作活動を続けています。 大学院修了後はそれまで制作していた絵画作品と並行しながら、立体作品の発表も精力的に行うようになり、自身の表現の幅を広げてきました。絵画制作で培った描写力と以前から興味があったと話す日本古来より伝わる自然の中に精霊や神が宿ると言われるアニミズ...
大成哲 個展「勿体 – buttai -」
1980年、東京生まれ。2004年、日本大学芸術学部美術学科彫刻コースを卒業。同年、東京藝術大学大学院に入学。2005年、チェコ政府奨学金を取得 しチェコ共和国、プラハへ留学。プラハ美術アカデミーとプラハ工芸美術大学に各1年ずつ在籍。2008年、東京藝術大学大学院修士課程を修了。その後 、再びチェコへと渡り、現在もプラハを拠点に活動。ガラス、石、木などの素材を用いた彫刻作品、インスタレーショ...
築山有城 個展「Yuki Tsukiyama Exhibition 2021」
このたび、TEZUKAYAMA GALLERYでは7月2日より彫刻家、築山有城の個展「Exhibition 2021」を開催いたします。 1976年、兵庫県神戸市に生まれた築山は、2000年に京都造形芸術大学芸術学部美術科彫刻コースを卒業し、現在に至るまで出身地である神戸に拠点 を置き、関西を中心に精力的に活動をしている彫刻家です。 築山が扱う素材は金属や樹脂、木、塗料など多岐に...
DELTA Exhibition
昨年、TEZUKAYAMA GALLERYの両スペースを会場に開催したアートフェア「DELTA Experiment」。 既存のアートフェアとは異なる視点でギャラリー、アーティスト、コレクターを繋ぐ新たな「場」の創造を目的に、国内3都市(東京/大阪/京都)から先鋭的な企画展やアーティストを発信している7軒のギャラリーでスタートしました。 今展は「DELTA Exhibition」...