How to Sign up?
CaM is the exclusive platform for art collectors and galleries invited only. Please directly contact to the member galleries and receive an invitation code or you can subscribe OVR news from here. Thank you!
Upcoming Exhibition : TALION GALLERY 小泉圭理 「stick はりつき/棒きれ」 - 2022年12月3日(土) - 12月25日(日)11:00-19:00[月火祝休] タリオンギャラリーでは、小泉圭理による個展「stick はりつき/棒きれ」を開催いたします。 https://taliongallery.com/jp/press/81STK...
2022-12-02
Each Modern is pleased to present Skin Depth, a solo presentation of new works of Tseng ChienYing, created during the direst time of COVID. Tseng reviewed, reflected, and ruminated about his arts i...
2022-11-18
Each Modern is pleased to participate in Art Collaboration Kyoto for the first time. The joint booth with Blum & Poe will present Each Modern artist Zhao Gang and Blum & Poe artists. Chine...
2022-11-18
WAITINGROOM(東京)では、2022年11月26日(土)から12月25日(日)まで、大久保紗也の、当ギャラリーでは2年ぶり3回目となる個展『Box of moonlight』を開催いたします。大久保は、輪郭線として表現される記号的なイメージと、物質感を伴う抽象的な像のうねりという、二つの分離した要素を共存させた絵画作品を主に制作しています。本展では、大久保が初めて取り組んだ立体作品の...
2022-11-10
Upcoming Exhibition : TALION GALLERY 石川卓磨、新津保建秀、松浦寿夫、松平莉奈 「それを故郷とせよ(手が届く)」 - 2022年9月3日(土) - 10月2日(日)11:00-19:00[月火祝休] タリオンギャラリーでは、石川卓磨、新津保建秀、松浦寿夫、松平莉奈による展覧会「それを故郷とせよ(手が届く)」を開催いたします。 https://ta...
2022-10-28
ANOMALYでは、2022年10月29日 (土) より11月26日 (土) まで、衣川明子・長谷川さち 「川と子」 を開催いたします。 ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。よどみに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたるためしなし。 鴨長明『方丈記』 衣川明子 (1986年、ニューヨーク生まれ) は、自己と他者との境界、および身体と土地や風景との境界を敏感...
2022-10-28
Booth F17 21 – 24 October, 2022 World Trade Center, Taipei Stanley Chen Jeffrey Cheung Jou LiYan Antone Könst Lee ChiHsiang Wang MengSha Wu MeiChi Each Modern is pleased to present a group presen...
2022-10-22
22 October - 26 November, 2022 Opening reception: 22 October, 2022 | 3 - 5 PM Each Modern is pleased to announce Antone Könst’s second solo exhibition in Taiwan, entitled “Sirens.” In 2020, Könst ...
2022-10-04
30 August - 1 October, 2022 Opening reception: 2 September, 2022 | 5 - 7 PM Each Modern is pleased to announce Xu Jiong’s latest solo exhibition “ShanShui 2022 SS.” In 2019, Xu’s solo show “Self-p...
2022-09-27
WAITINGROOM(東京)では、2022年10月15日(土)から11月13日(日)まで、川辺ナホと宇多村英恵による二人展『STRATA 複数の地層』を開催いたします。 マテリアルの持つ社会的文脈のリサーチに基づき、その「変換」をテーマに、映像やインスタレーションなど、メディアを横断しながら作品を制作している川辺ナホ。文明と自然界がせめぎ合う場所に実際に赴き、自然のエネルギーや土地の歴史を...
2022-09-27
Gropup Show| Akiko Ando, Mitsuo Kim, Sen Takahashi, Sho Tatsuta | "Distant Everyday" ※英語の後に日本語が続きます Wednesday, October 05, 2022 ‒ Sunday, November 06, 2022 LEESAYA is pleased to announce that it ...
2022-09-16
無人島プロダクションは9月10日 (土) よりら9月25日 (日) まで、東京のギャラリーが海外ギャラリーをホストするイベント「温泉大作戦」の一環として、ヨーロッパから2つのギャラリーを迎え、作家5名によるグループ展を開催いたします。 ゲストギャラリー: Galerie Gregor Staiger (チューリッヒ、スイス / ミラノ、イタリア) Jan Kaps (ケルン、ドイツ) 出...
2022-09-15
CaM OVR
この度、TEZUKAYAMA GALLERYでは大江慶之の個展「くちびるがお好みの味すんねん」を開催いたします。 大江慶之は1980年に大阪府に生まれ、現在も大阪を拠点に活動しているアーティストです。 作家としてデビューをした当初から自画像を中心とした絵画作品を発表してきましたが、2007年から並行して立体作品も発表するようになります。 これまでに台湾、ニューヨーク、ロンドン、バーゼルと...
この度、TEZUKAYAMA GALLERYではグループ展「MIKADO2 – My baby collection」を開催いたします。 中心の不在をその構造にもつ展覧会を作ることを目的として活動する MIKADO2(ミカド2)は2021年にその活動をスタートします。メンバーは山田周平、小池一馬、神馬啓佑、金光男の4人のアーティストです。 第1回目のMIKADO2(会場 : 瑞雲庵・...
会期:2022年11月19日(土) – 12月24日(土) 会場:シュウゴアーツ 開廊時間:12:00 – 18:00 日月祝休廊 *オープニングレセプションは開催いたしません。新型コロナウィルス対策のため開廊時間を短縮しております。 https://shugoarts.com/news/54629/ ===== 2016年以降、髙畠依子は森羅万象の循環の中に絵画の生成過程を捉え、「風...
会期:2022年9月24日(土) ‒ 11月5日(土) 会場:シュウゴアーツ 開廊時間:12:00 – 18:00 日月祝休廊 企画:石井美奈子 *オープニングレセプションは開催いたしません。新型コロナウィルス対策のため開廊時間を短縮しております。 https://shugoarts.com/news/51859/ ===== 水面に映る景色のように丸山直文の絵画は画面の上で揺らぎ続け...
TEZUKAYAMA GALLERYでは、9月16日(金)から10月15日(土)まで、御村紗也の個展「In the corner of the page」を開催いたします。 御村紗也は1997年に生まれ、大学院を修了するまでの6年間を京都で過ごし、現在は生まれ故郷である三重県を拠点に活動しているアーティストです。 学生時代より日常に溢れる何気ない瞬間や光景、または現象を主題としながら、様...
会期:2022年7月23日(土) ‒ 9月3日(土) *夏季休廊:8月14日(日) ‒ 8月22日(月) 会場:シュウゴアーツ 開廊時間:12:00 – 18:00 日月祝休廊 *オープニングレセプションは開催いたしません。新型コロナウィルス対策のため開廊時間を短縮しております。 協力:ベンキュージャパン、機材提供:宮路雅行、Soulful Brothers、技術協力:奥多摩美術研究所 ...
杉原玲那「Frame」 2022. 6. 26 Sun - 7. 24 Sun MISAKO ROSENでは、1回目となる杉原玲那の個展を開催いたします。 杉原玲那は、1988年東京生まれ、現在も東京で制作活動をしています。 杉原玲那は内奥的な直感に突き動かされて絵画に取り組みます。粘的であると同時に静的な彼女の絵画が描出するのは、触覚性を帯びた持続的な瞬間のありようです。肉体はそこで抽...
このたび、TEZUKAYAMA GALLERYでは6月24日より彫刻家、築山有城の個展「Exhibition 2022」を開催いたします。 1976年、兵庫県神戸市に生まれた築山は、2000年に京都造形大学芸術学部美術彫刻コースを卒業し、現在に至るまで出身地である神戸に拠点を置き、関西を中心に精力的に活動している彫刻家です。 築山が扱う素材は金属や樹脂、木、塗料など多岐に渡りますが、制作...
TEZUKAYAMA GALLERYでは2022年6月24日(金)から7月23日(土)までの会期にて、アーティストの山下耕平のキュレーションによる展覧会『中景: Act Ⅲ「岩は木のことを知らなかった。」』を開催いたします。 2015年のAct Ⅰ(会場: TEZUKAYAMA GALLERY, 大阪)、2016年のAct Ⅱ(会場: HOTEL ANTEROOM KYOTO, 京都)に続...
五月女哲平 による、NEWoMan ART wall.展示 6.17-7.20 (ご注意ください) ニュウマン新宿 2F NEWoMan ART wall.(JR新宿駅 ミライナタワー改札外) 五月女哲平× 蓮沼執太 トークイベント 『見つけて、考えて、悩んで、作り続ける生き方について』 6月25日(土)16:00~17:00(予定) ニュウマン新宿 4F ガーデン 一つのジャン...
会期:2022年6月4日(土) ‒ 7月9日(土) 会場:シュウゴアーツ 開廊時間:火〜土曜 正午 – 午後6時(日月祝休廊) *オープニングレセプションは開催いたしません。新型コロナウィルス対策のため開廊時間を短縮しております。 https://shugoarts.com/news/46229/ ===== シュウゴアーツは2022年6月4日(土)から7月9日(土)まで、米田知子の...
Blog
[アートは誰のもの] 「アートは好きだけれど 子どもが生まれてから 美術館やギャラリーに行くのを遠慮しがち」 でもまっさらな目を持った子どもたちに ぜひ生でアートを体験して欲しい 子育て中でも自由に アートを楽しんで欲しい 沖縄のみなさんにも 生のアート体験をお届けしたい 活動初期から 「アートはみんなのものだ!」と 言い続けてきた アリカワコウヘイ!の たくさんの想いを込めて ...
2022-11-14
[絵画は描き尽くされたのか] 絵画は描き尽くされたと言われている。 モノリスとは未来への肯定と 人間本来の本能、物質への信頼性が融合し アリカワコウヘイ!が 「未来の絵画とは何か」という問いに出した 一つの答えである。 得体の知れないものという意味を持つ モノリスと題されたこのシリーズは 未来を肯定しながらも争う人間本来の本能と 物質性が混在する作品である。 金属のような支持体を...
2022-11-11
アリカワコウヘイ!EXPO™️今年も始まりました 来年は20周年の節目の年 来年を良い年にするためにも 今年はより一層身の引き締まる思いで 取り組んでいます 沖縄の音楽ホールを一棟借り切り 期間限定で出現する 一大アート空間 この規模を毎年夫婦ふたりで手作りで 準備しています 今年は13のブースに分けて 作品のテーマ別に新作約100点を展示 EXPO™️の会場はまるで ひとり万国博...
2022-11-10
来月、またまたコレクション展開催します! 世界で活躍中の2人の作家の初期作品から最新作まで、10年以上コレクションを続けてきた彼らの作品をまとめて展示する予定です。映像やインスタレーション作品を中心に大正時代に建てられた日本家屋で素敵な体験期待しててください♪イベントとしてアジアんランチや、日本茶インストラクターによるインスタレーション内でのお茶会も予定しています。11月は瀬戸芸や高知県美で...
2022-10-16
2年ぶりにアートチャリティ開催しております🥳 当チャリティ企画のためにご用意いただいた新作や、販売予定のない作家蔵の作品をご提供いただいたりと、今回も神企画です✨ 人気現代アーティスト11名が参加するクリスマスアートチャリティ『Art Can Save Us 2022』 日本国内のみならず世界で活躍する現代アーティスト11名の高品質ジークレープリント作品を期間限定で抽選販売いたします。 ...
2022-10-13
57 steps from 1963  田中功起、青崎伸孝、名和晃平、笹岡由梨子 8/7〜8/14 黒木健一(アートコレクター) 隅本晋太朗(コーディネーター) 会場 東京都中央区銀座6-3-16 泰明ビル本館 FBIギャラリー(5階 入場無料) PTA BAR(地下2階 ワンドリンクオーダー) 水〜金19:00〜22:00 土、日15:00〜20:00 月、火close 銀座6丁目...
2022-08-08
僕がトリエンナーレに足を運んだのは、黴臭い回顧展や、気候変動とSDGsに塗れた企画展を観るためではなく、あるたった一つの展示を観るためでした。 それが、Casa Lanaです。 60年代半ばにエットレ・ソッタスが、ラーナ邸のために手掛けた部屋の内装が、そっくりそのまま移築されている素晴らしい展示です。 内部造作から家具に至るまで、全てオリジナル。リプロは一つもありません。 ご覧のように...
2022-08-08
3年に一度開催されるデザインと建築の国際展ミラノ・トリエンナーレ。 地階では過去のトリエンナーレを回顧する展示が行われていました。 その中には磯崎新さんの作品の写真も。磯崎さんが参加した68年は、異議申立世代の若者に会場が占拠されるという事件が起きています。 http://blog.livedoor.jp/ifukano/?p=76 展示を見ていると、やはりその68年を挟んでの前後二回ぐ...
2022-08-08
先週は気候変動に反対するアクティビストのグループに、ボッチョーニの彫刻を占拠されて大騒ぎになった現美ですが、現在は建築家のアルド・ロッシの回顧展を行なっています。 日本でロッシといえば、福岡のイル・パラッツォです。 バブルの徒花、と揶揄する人もいますが、間違いなくロッシの代表作の一つ。私も福岡出張の折に宿泊したことがあります。http://blog.livedoor.jp/ifukano/...
2022-08-06
近美の隣にはPACという現代アートのスペースがあります。 リチャード・ロングを含む複数作家のグループ展を行なっていました。 初めて訪れましたが、素晴らしいスペース。次の企画展は日本人アーティストの特集で、毛利悠子さんも参加なさいます。
2022-08-04
イタリア人で天才といえば誰でしょう。 ダ・ヴィンチでしょうか。ミケランジェロでしょうか。 僕なら迷わずジョエ・コロンボと答えます。もちろん何点か所有しています。 ミラノの近美で個展が行われていました。お馴染みのものから、初めて見るレアピースまで。 この個展が観られただけでも、ミラノに来た甲斐があったというものです。
2022-08-04
ミラノの現代アートスポットといえば、プラダ財団とピレッリ・ハンガー・ビコッカです。 ピレッリではアニッカ・イの個展をやっていました。アニッカはNYCの47Canal所属の作家で、日本では岡山の国際芸術交流や、KAYOKOYUKIのグループ展に出展したこともあるので、ご存じの方も多いと思います。 代名詞となっているバクテリアの作品を中心に、ピレッリの元タイヤ工場だった巨大な空間を上手に使っ...
2022-08-02
Square
The Member Galleries