Yamazaki Bldg. 2F, 1-19-27 Minami-Horie, Nishi-ku, Osaka, JAPAN

Status: Gallery

Worksfollowingfollower
358410
築山有城 個展「Yuki Tsukiyama Exhibition 2021」
このたび、TEZUKAYAMA GALLERYでは7月2日より彫刻家、築山有城の個展「Exhibition 2021」を開催いたします。

1976年、兵庫県神戸市に生まれた築山は、2000年に京都造形芸術大学芸術学部美術科彫刻コースを卒業し、現在に至るまで出身地である神戸に拠点 を置き、関西を中心に精力的に活動をしている彫刻家です。

築山が扱う素材は金属や樹脂、木、塗料など多岐に渡りますが、制作の出発点は常に素材そのものにあります。彼自身が「遊び」と呼ぶ実験を繰り返す 中から素材固有の特性を捉え、それを作品主題の一部とする点において、築山の作品制作には一貫した姿勢が感じられます。また、作品を構成する要素 はシンプルでありながらも、一つのスタイルに固執せず、常に好奇心と柔軟な思考から作品制作へと繋げていきます。

轆轤(ろくろ)の回転を用いて、描画を試みた平面作品や総重量250kgの楠の木塊を手鋸で6分割にした彫刻作品など、築山が選択する素材や手法は 様々だが、ストイックなまでに素材と向き合いながら、途方も無い反復行為を繰り返す制作行為そのものが作品を形成するうえで重要な要素となってい ると言えます。

TEZUKAYAMA GALLERYでは2017年の個展を皮切りに、10年間に渡って築山有城の新作展を開催する「Exhibition Project」をスタートしました。同プロジェクトの5回目にあたる今展では、2017年の個展「Exhibition 2017」で発表した作品群”paint it flood”を制作する過程から着想を得たと語る新作の平面作品を中心に展示します。

どうぞ、この機会にご高覧下さいませ。


[アーティスト・ステートメント]

2017年に発表した”paint it flood”の制作過程で、パネルの際から滴り落ちる塗料の動きやリズムがおもしろいなと感じ、”score”はその時の印象が出発点となっています。
音もなく落下を繰り返しながら乾燥していく塗料は、氷柱のような造形をつくりだします。
なぜ塗料の流れをずっと眺めていられるのか?
規則的に、時には不規則的に塗料が落下するリズムやそれが積層して盛り上がっていくフォルムは作者にはコントロールできないことであり、できないところに魅力があります。
偶数か奇数か、サイコロの出目も同じようにコントロールできません。
しかしアンコントロールなものごとを繰り返して積み上げていくことで、それらは何か共通の景色や現象を見せてくれるような気がします。

自身ではコントロールできないものごとの流れ、作者が決めたことではなく自然に決まっていくこと。素材、道具、アイデア、空間、時間、私の身の回りには常に制作・発表に関するすべてが自然に揃っている状態であると言えます。

築山有城
2021-06-19

Information

URLhttps://tezukayama-g.com/exhibition/exhibition-2021
Address550-0015 大阪市西区南堀江1-19-27 山崎ビル2F

Other

栗棟美里 個展「あなたはこの世界にいるかもしれない。もしくはいないかもしれない。」
1988年生まれの栗棟は京都精華大学及び大学院で版画を学び、現在は出身地である神戸を拠点に活動しています。 大学在学中より作家としての意識を強く持ち活動してきた栗棟は、自らが撮影した写真を支持体とし、その上から描画を施すミクストメディアの手法で、美・存在・時間・生命といったものの本質を問い続けてきました。 2018年の個展「Still Remained」では、視覚による認識の本質・美...
西本剛己 個展「NEOLOGISM 21714-21743」
西本は1988年に筑波大学大学院芸術研究科を修了後、アーティストとして制作活動を始めます。 翌年に開催された初個展「NEOLOGISM/ネオロギズム」でのデビューから現在に至るまで、一貫したアプローチで制作を続けています。 哲学的思想からインスピレーションを受け、ビジュアル化する西本の作品は独創的な視点を内包する作品であるため、ある種難解にも感じますが、作品によって構成された空間は圧倒的...
上原浩子 個展「境界より」
1985年、群馬県に生まれた上原は、2012年に京都市立芸術大学大学院美術研究科を修了。その後も現在に至るまで京都を拠点に制作活動を続けています。 大学院修了後はそれまで制作していた絵画作品と並行しながら、立体作品の発表も精力的に行うようになり、自身の表現の幅を広げてきました。絵画制作で培った描写力と以前から興味があったと話す日本古来より伝わる自然の中に精霊や神が宿ると言われるアニミズ...
大成哲 個展「勿体 – buttai -」
1980年、東京生まれ。2004年、日本大学芸術学部美術学科彫刻コースを卒業。同年、東京藝術大学大学院に入学。2005年、チェコ政府奨学金を取得 しチェコ共和国、プラハへ留学。プラハ美術アカデミーとプラハ工芸美術大学に各1年ずつ在籍。2008年、東京藝術大学大学院修士課程を修了。その後 、再びチェコへと渡り、現在もプラハを拠点に活動。ガラス、石、木などの素材を用いた彫刻作品、インスタレーショ...
DELTA Exhibition
昨年、TEZUKAYAMA GALLERYの両スペースを会場に開催したアートフェア「DELTA Experiment」。 既存のアートフェアとは異なる視点でギャラリー、アーティスト、コレクターを繋ぐ新たな「場」の創造を目的に、国内3都市(東京/大阪/京都)から先鋭的な企画展やアーティストを発信している7軒のギャラリーでスタートしました。 今展は「DELTA Exhibition」...
KUROOBIANACONDA '03 SANMAIOROSHI'
黒帯アナコンダ(KUROOBIANACONDA)は2019年に結成。ジャンルもテーマも異なる、多様なメンバーの非直線的な組み合わせから生み出される光景をテーマに活動をしています。 2019年「01 KIRIMI」GINZA6(東京)、2020年「02 WAGIRI」The 5th floor(東京)に続く本展「03 SANMAIOROSHI」は初の大阪での展示になります。 _ 石井...