Yamazaki Bldg. 2F, 1-19-27 Minami-Horie, Nishi-ku, Osaka, JAPAN

Status: Gallery

Worksfollowingfollower
298410
中景: Act Ⅲ「岩は木のことを知らなかった。」
TEZUKAYAMA GALLERYでは2022年6月24日(金)から7月23日(土)までの会期にて、アーティストの山下耕平のキュレーションによる展覧会『中景: Act Ⅲ「岩は木のことを知らなかった。」』を開催いたします。

2015年のAct Ⅰ(会場: TEZUKAYAMA GALLERY, 大阪)、2016年のAct Ⅱ(会場: HOTEL ANTEROOM KYOTO, 京都)に続く、同シリーズの第3回目となる企画展であり、初の東京(会場: LEESAYA)と大阪(会場: TEZUKAYAMA GALLERY)の2都市での同時開催となります。

今展では、コンセプトやメディアも異なる4名のアーティストが遠景と近景のあいだ、「中景(ちゅうけい)」という極めて曖昧で不明瞭な概念を起点としながら、物理的な距離感覚というテーマに留まらず、時間や身体的な距離など、各々の解釈で作品に転換し、1つの展覧会を作り上げる試みです。

最終日の7月23日(土)には両会場をオンラインで繋ぎ、アーティスト・トークの開催も予定しております。

是非とも両会場合わせて、ご高覧賜りますよう、お願いいたします。



中景: Act Ⅲ「岩は木のことを知らなかった。」 展覧会ステイトメント

「中景」とは何か。この問いを契機とした展覧会も“Act Ⅱ”から6年が過ぎようとしている。少し間を置いた(だが自分にとっては唐突に)2022年夏、この問題について再考する。

大阪と東京、距離を隔てた2つのギャラリーで同時開催する今展は大阪では二藤建人と川田知志による、東京では山下耕平と須賀悠介の組み合わせで行う。ただし、二人展ではなく、あくまで4人による展覧会であることに注目してほしい。

昨年秋、本展に向け準備をするにあたり、まずは参加メンバーの共有体験として、愛知県新城市にある乳岩峡を周遊することにした。遊歩道脇の沢筋には巨岩が点々と転がり、上部には大きな木がその岩を掴むように根を張っていた。副題にある「岩は木のことを知らなかった。」とは、その様子を見た際に川田が発した言葉である。

ここで岩と木の関係を考えてみる。岩と木の間に土を見て取ることはできない。まさに岩と木が接続している状況であるわけだが、「中景」がないということではなく、むしろそのあいだの距離や空間、時間についての想像が掻き立てられる一場面であった。またこの言葉は、この展覧会の構造そのものを表しているとも言える。接触しているような、曖昧なような、だが確かに繋がっている。距離を持ちながらも一つの展覧会であろうとする姿勢そのものではないだろうか。

このシリーズは、これまで身体性を手掛かりとして作家を選出、構成してきた。山下は、登山という身体経験による距離感覚の測り直しで現れる現在位置を、コラージュを中心とした様々な手法で表現する。須賀は、触覚と視覚のあいだ、破壊と創造のあいだを行き来し、彫刻的表現を中心とした発表を行う。二藤は、愛や重力など不可視の力学を、パフォーマンスを多分に孕んだ立体作品として可視化する。 そして、今展から参加する川田は、フレスコ画という古典技法を引用し、場所(その多くは巨大な壁面)と向き合う中で、絵画空間と身体との無意識の調整を取り計らう。

新型コロナウィルスの感染拡大は、人と人との距離を隔て、移動や対面でのコミュニケーションが大きく制限される中、様々なレベルにおいて、距離に対する認識や感覚が大きく揺さぶられている。この展覧会を通じて、「中景」あるいはあいだの感覚に少しでも触れる機会となることを期待したい。

2022年5月
山下耕平
2022-05-27

Information

URLhttps://www.tezukayama-g.com/exhibition/middle-distance-three
Address550-0015 大阪市西区南堀江1-19-27 山崎ビル2F / TEZUKAYAMA GALLERY - VIEWING ROOM

Other

栗棟美里 個展「あなたはこの世界にいるかもしれない。もしくはいないかもしれない。」
1988年生まれの栗棟は京都精華大学及び大学院で版画を学び、現在は出身地である神戸を拠点に活動しています。 大学在学中より作家としての意識を強く持ち活動してきた栗棟は、自らが撮影した写真を支持体とし、その上から描画を施すミクストメディアの手法で、美・存在・時間・生命といったものの本質を問い続けてきました。 2018年の個展「Still Remained」では、視覚による認識の本質・美...
西本剛己 個展「NEOLOGISM 21714-21743」
西本は1988年に筑波大学大学院芸術研究科を修了後、アーティストとして制作活動を始めます。 翌年に開催された初個展「NEOLOGISM/ネオロギズム」でのデビューから現在に至るまで、一貫したアプローチで制作を続けています。 哲学的思想からインスピレーションを受け、ビジュアル化する西本の作品は独創的な視点を内包する作品であるため、ある種難解にも感じますが、作品によって構成された空間は圧倒的...
上原浩子 個展「境界より」
1985年、群馬県に生まれた上原は、2012年に京都市立芸術大学大学院美術研究科を修了。その後も現在に至るまで京都を拠点に制作活動を続けています。 大学院修了後はそれまで制作していた絵画作品と並行しながら、立体作品の発表も精力的に行うようになり、自身の表現の幅を広げてきました。絵画制作で培った描写力と以前から興味があったと話す日本古来より伝わる自然の中に精霊や神が宿ると言われるアニミズ...
大成哲 個展「勿体 – buttai -」
1980年、東京生まれ。2004年、日本大学芸術学部美術学科彫刻コースを卒業。同年、東京藝術大学大学院に入学。2005年、チェコ政府奨学金を取得 しチェコ共和国、プラハへ留学。プラハ美術アカデミーとプラハ工芸美術大学に各1年ずつ在籍。2008年、東京藝術大学大学院修士課程を修了。その後 、再びチェコへと渡り、現在もプラハを拠点に活動。ガラス、石、木などの素材を用いた彫刻作品、インスタレーショ...
築山有城 個展「Yuki Tsukiyama Exhibition 2021」
このたび、TEZUKAYAMA GALLERYでは7月2日より彫刻家、築山有城の個展「Exhibition 2021」を開催いたします。 1976年、兵庫県神戸市に生まれた築山は、2000年に京都造形芸術大学芸術学部美術科彫刻コースを卒業し、現在に至るまで出身地である神戸に拠点 を置き、関西を中心に精力的に活動をしている彫刻家です。 築山が扱う素材は金属や樹脂、木、塗料など多岐に...
DELTA Exhibition
昨年、TEZUKAYAMA GALLERYの両スペースを会場に開催したアートフェア「DELTA Experiment」。 既存のアートフェアとは異なる視点でギャラリー、アーティスト、コレクターを繋ぐ新たな「場」の創造を目的に、国内3都市(東京/大阪/京都)から先鋭的な企画展やアーティストを発信している7軒のギャラリーでスタートしました。 今展は「DELTA Exhibition」...