Yamazaki Bldg. 2F, 1-19-27 Minami-Horie, Nishi-ku, Osaka, JAPAN

Status: Gallery

Worksfollowingfollower
298410
KUROOBIANACONDA '03 SANMAIOROSHI'
黒帯アナコンダ(KUROOBIANACONDA)は2019年に結成。ジャンルもテーマも異なる、多様なメンバーの非直線的な組み合わせから生み出される光景をテーマに活動をしています。
2019年「01 KIRIMI」GINZA6(東京)、2020年「02 WAGIRI」The 5th floor(東京)に続く本展「03 SANMAIOROSHI」は初の大阪での展示になります。
_

石井亨 | Toru Ishii
染色家。1981年静岡県生まれ。2014年、東京藝術大学大学院美術研究科美術専攻博士後期課程修了。友禅染という日本古来の染色技法を再考しながら、伝統工芸の革新と現代美術の刷新をテーマに作品を制作する。主な展示にSokyo Gallery(京都/2018)、大和日英基金ジャパンハウスギャラリー(ロンドン/2014)、イセ・カルチュラル・ファンデーション フロントスペース ギャラリー(ニューヨーク/2012)、東京オペラシティアートギャラリー,プロジェクトN(東京/2011)、ミヅ マ・アクション(東京/2010)での個展、「TOUCH」ATELIER BLANCS MANTEAUX(パリ/2018)、「Light Sgraffito」 ヴィクトリアアンドアルバート美術館(ロンドン/2017)、「IMAYŌ: Connecting Past and Present」ホノルル美術館(ホノルル/2016)、「KIZASHI」ポーラ・ミュージアム・アネックス(東京/2014)、「EDO POP: THE GRAPHIC IMPACT OF JAPANESE PRINTS」ジャパンソサイエティ・ギャラリー(ニューヨーク/2013)への参加がある。東京藝術大学大学美術 館、Morikami Museum(マイアミ)、Victoria and Albert Museum(ロンドン)に作品が収蔵されている。
 
大平龍一 | Ryuichi Ohira
彫刻家/美術博士/ストリートレーサー。1982年東京都生まれ。2011年、東京藝術大学大学院博士課程修了。現在、千葉県のアトリエを拠点に制作活動を行う。これまでに、バーナーで燃やしカーボナイズ(炭化)させた木彫や、上下逆さまで自立する果物の彫刻など、彫刻に様々な手法を加えた作品、インスタレーションを国内外のギャラリーやアートフェア で発表。現代アートギャラリーNANZUKAに所属。 主な展示に日本橋三越本店コンテンポラリーギャラリー(東京/2020)、ギャラリー月極(東京/2019)、FR2 GALLERY2( 東京/2018)、Galerie Vera Munro(ハンブルク/2016)、NANZUKA(東京/2014 )、鶴岡アートフォーラム(山形/2012) での個展、「アトリエの末裔あるいは未来展」東京芸術大学陳列館(東京/2015) 、「colored noise」ヒカリエ8(東京 /2014)、「よりしろプロジェクト2013」上賀茂神社(京都/2013)、「Immemorial Foreseeing」Fellini Gallery(上海 /2010)への参加がある。
 
小畑多丘 | Taku Obata
B-BOY/彫刻家。1980年埼玉県生まれ。2008年、東京藝術大学大学院美術研究科修士課程彫刻専攻修了。自らも B-BOYであり、木彫による人体と衣服の関係性や、B-BOYと彫刻を端緒に生まれる空間、動き、重力を追求、彫刻以外 のメディアでも精力的に表現し続けている。※B-BOY (ブレイクダンスをする人) 主な展示にPARCEL(東京/2020)、Japan House London(ロンドン/2020)、White Conduit Projects(ロンドン /2020)、Bomma galerie(パリ/2020)、東京日本橋高島屋美術画廊X(東京/2016)、Gallery KIDO Press(東京/2016) 、Jonathan LeVine Gallery(ニューヨーク/2014)、中村キース・ヘリング美術館(山梨/2012)での個展、City and guilds of London art school BA ,MA show(レジデンス作家枠 ロンドン/2019)、「Seven Days Too Long」Mirus Gallery(デンバー/2019)、「Pn̶Powers of PLAY̶」東京藝術大学大学美術館陳列館(東京/2018)、HYPER LANDSCAPE「超えていく風景」ワタリウム美術館(東京/2018)、NEW VISION SAITAMA 5「The Emerging Body」 埼玉近代美術館(埼玉/2016)、SIDE CORE -TOKYO WALKMAN- hiromiyoshii roppongi(東京/2015)への参加がある。
 
小池一馬 | Kazuma Koike
画家/彫刻家。1980年生まれ、大阪府在住。幼少期をブエノスアイレス、高校時代をバルセロナで過ごす。日本大学藝術学部美術学科彫刻専攻卒業。「架空の古代遺物」をテーマに、偶像、ツボ、大型ネコ類、植物、パイナップルなどをモチーフにしたセラミック彫刻、ペインティング、ドローイングを制作している。「異なる要素が調和しながら共存した状態 」や「モノの用途や意味が変化する過程」への関心のもと、異なる場所/時代に由来するイメージをミックスして作られる作品は、どこにも属していないかのような独特の浮遊感をまとっている。 主な展示に、私立大室美術館(三重/2021)、TEZUKAYAMA GALLERY(大阪/2020,17,14)、AISHONANZUKA(香港 /2019,16,13)、VOLTA 12(バーゼル/2016)、VOLTA NY(ニューヨーク/2016)、AISHO MIURA ARTS(東京 /2013,12,11,10,09)での個展がある。
 
佃弘樹 | Hiroki Tsukuda
1978年香川県生まれ、東京都在住。自身によって「外の世界(アウターワールド)」と解説される、現実と非現実的とが共 存しているかのような世界観を持った作品を制作している。現代アートギャラリーNANZUKAに所属。 主な展示にPetzel(ニューヨーク/2020,16)、群馬県立近代美術館(群馬/2019)、NANZUKA(東京/2018,14,09,07)、 Neuer Aachener Kunstverein(アーヘン/2017)、Galerie Gisela Capitain(ケルン/2017)、WARHUS RITTER- SHAUS(ケルン/2015)、での個展、「PHANTOM PLANE, CYBERPUNK IN THE YEAR OF THE FUTURE」大館(香港/2019)、「六本木クロッシング2019展: つないでみる」森美術館(東京/2019)、「FUTURE NATURE」Jack Hanley Gallery(ニューヨーク/ 2016)、「Unechte Landschaft」BKV Brandenburgischer Kunstverein Potsdam e.V(ポツダム/2015)、「YOU TAKE YOUR CAR TO WORK, I TAKE MY PAINT」(ケルン/2015)、「My Other Car Is A Painting」Galerie Gebr. Lehmann(ドレスデン/2015)への参加がある。2018年には自身の作品がニューヨーク近代美術館に収蔵される。
 
山田周平 | Shuhei Yamada
1974年生まれ、京都市在住。写真、映像、立体、平面、インスタレーションと様々な作品形式を展開し、社会状況に対する考察を通じて作品を制作している。2013年、アーモリーショーのキュレーション部門において、当時アンディウォーホール美術館(ピッツバーグ)館長のエリックシャイナー(現 Pioneer Works ディレクター/ニューヨーク)により唯一の日本人として選出され、様々なメディアで話題となった。 主な個展にDaiwa Anglo-Japanese Foundation(ロンドン/2019)、AISHONANZUKA(香港/2017,16,14)、The Armory Show(ニューヨーク/2013)、CAPSULE(東京/2012)。 主なグループショーに「Next World―夢みるチカラ タグチ・アートコレクション×いわき市立美術館」いわき市立美術館(いわき市/2021)、「Other Ways」Enokojima FLAG STUDIO(大阪/2017)、「Unclear nuclear」URANO(東京/2016)、「Resonance」Sao La Gallery(ホーチミン/2014)への参加がある。 2003年、写真新世紀優秀賞受賞。2017年、ISCPレジデンスプログラム(ニューヨーク)に参加。主なコレクションにタグチコレクション。
2021-08-04

Information

URLhttps://tezukayama-g.com/exhibition/03-sanmaioroshi
Address550-0015 大阪市西区南堀江1-19-27 山崎ビル2F

Other

栗棟美里 個展「あなたはこの世界にいるかもしれない。もしくはいないかもしれない。」
1988年生まれの栗棟は京都精華大学及び大学院で版画を学び、現在は出身地である神戸を拠点に活動しています。 大学在学中より作家としての意識を強く持ち活動してきた栗棟は、自らが撮影した写真を支持体とし、その上から描画を施すミクストメディアの手法で、美・存在・時間・生命といったものの本質を問い続けてきました。 2018年の個展「Still Remained」では、視覚による認識の本質・美...
西本剛己 個展「NEOLOGISM 21714-21743」
西本は1988年に筑波大学大学院芸術研究科を修了後、アーティストとして制作活動を始めます。 翌年に開催された初個展「NEOLOGISM/ネオロギズム」でのデビューから現在に至るまで、一貫したアプローチで制作を続けています。 哲学的思想からインスピレーションを受け、ビジュアル化する西本の作品は独創的な視点を内包する作品であるため、ある種難解にも感じますが、作品によって構成された空間は圧倒的...
上原浩子 個展「境界より」
1985年、群馬県に生まれた上原は、2012年に京都市立芸術大学大学院美術研究科を修了。その後も現在に至るまで京都を拠点に制作活動を続けています。 大学院修了後はそれまで制作していた絵画作品と並行しながら、立体作品の発表も精力的に行うようになり、自身の表現の幅を広げてきました。絵画制作で培った描写力と以前から興味があったと話す日本古来より伝わる自然の中に精霊や神が宿ると言われるアニミズ...
大成哲 個展「勿体 – buttai -」
1980年、東京生まれ。2004年、日本大学芸術学部美術学科彫刻コースを卒業。同年、東京藝術大学大学院に入学。2005年、チェコ政府奨学金を取得 しチェコ共和国、プラハへ留学。プラハ美術アカデミーとプラハ工芸美術大学に各1年ずつ在籍。2008年、東京藝術大学大学院修士課程を修了。その後 、再びチェコへと渡り、現在もプラハを拠点に活動。ガラス、石、木などの素材を用いた彫刻作品、インスタレーショ...
築山有城 個展「Yuki Tsukiyama Exhibition 2021」
このたび、TEZUKAYAMA GALLERYでは7月2日より彫刻家、築山有城の個展「Exhibition 2021」を開催いたします。 1976年、兵庫県神戸市に生まれた築山は、2000年に京都造形芸術大学芸術学部美術科彫刻コースを卒業し、現在に至るまで出身地である神戸に拠点 を置き、関西を中心に精力的に活動をしている彫刻家です。 築山が扱う素材は金属や樹脂、木、塗料など多岐に...
DELTA Exhibition
昨年、TEZUKAYAMA GALLERYの両スペースを会場に開催したアートフェア「DELTA Experiment」。 既存のアートフェアとは異なる視点でギャラリー、アーティスト、コレクターを繋ぐ新たな「場」の創造を目的に、国内3都市(東京/大阪/京都)から先鋭的な企画展やアーティストを発信している7軒のギャラリーでスタートしました。 今展は「DELTA Exhibition」...