東京都豊島区駒込2-14-2

Status: Gallery

Worksfollowingfollower
351833
デルタ / DELTA 2021.6.30 - 7.18
青田 真也 / 秋吉 風人 / 有賀 まなみ / 宇留野 圭 / 大田黒 衣美 / 大野 未来 / 小笠原 盛久 / 金 里珉 / 小池 匡徳 / 髙橋 凜 / 田村 友一郎 / 三宅 砂織 / 本山 ゆかり / 山本 将吾 / 渡辺 英司

主催:名古屋芸術大学、KAYOKOYUKI
協力:
SCAI THE BATHHOUSE / AOYAMA | MEGURO / WAITINGROOM / KENJI TAKI GALLERY / TARO NASU / Yuka Tsuruno Gallery / Yutaka Kikutake Gallery

この度KAYOKOYUKIでは、名古屋芸術大学との共同企画として、名古屋芸術大学の教員であるアーティスト7名と卒業生/在学生を含む新進のアーティスト8名による展覧会「デルタ」を開催します。名古屋芸術大学、KAYOKOYUKI、駒込倉庫、3つの点をつなぐ展覧会となります。絵画、彫刻、インスタレーションなど作家15名の作品で構成される本展をぜひご高覧ください。

デルタはギリシア文字であり、アルファベットのDの起源に相当する。
文字が三角形を想起することから、三角州をデルタとも称する。名古屋芸術大学、KAYOKOYUKI、駒込倉庫の3者が関わる展覧会企画ということから、それをデルタと言い換えることは、不可能ではないのかもしれない。
そのデルタ、三角州の形成には幾筋もの河川が関係するという。その河川が運搬してきた土砂が三角州、デルタを形成するとすれば、幾筋もの作家によって持ち込まれた作品という土砂が堆積したその有り様は、どこか展覧会という有り様への類似として見出してしまうのは自分だけだろうか。
ときに作家は、独立した存在であろうとし、その流れを自らが規定しようとするが、実際はそのようにはなかなかいかない。その時々の条件によって曲がりくねり、ときには途切れることだってある。ほかの河川と交わることもあれば、別れることだってある。ただ、そのような流れたちも最終的には海へとつながる帰結を迎えるわけだが、その矢先に、それぞれが運んできた土砂、作品がひと所に堆積し、デルタを形成する。しかし、その堆積した作品、土砂もいずれは海の潮流によって侵食され、形を変えることを思えば、そのデルタはひとときの風景とも言える。その極めてテンポラリーな風景を眺めるのが、この「デルタ」と称した展覧会なのかもしれない。
そして、Cの話題にも飽きてきたきょうこの頃では、そろそろ次の話題、例えばDへと移るタイミングだとしたら。そのCの次、Dを正しく伝えるための音声コードはデルタである。

田村友一郎(アーティスト/名古屋芸術大学准教授)

ーーーーー
SHINYA AOTA / FUTO AKIYOSHI / MANAMI ARIGA / KEI URUNO / EMI OTAGURO / MIKO ONO / MORIHISA OGASAWARA / RIMIN KIM / MASANORI KOIKE / RIN TAKAHASHI / YUICHIRO TAMURA / SAORI MIYAKE / YUKARI MOTOYAMA / SHOGO YAMAMOTO / EIJI WATANABE

Organised by: Nagoya University of the Arts / KAYOKOYUKI
Co-operation:
SCAI THE BATHHOUSE / AOYAMA | MEGURO / WAITINGROOM / KENJI TAKI GALLERY / TARO NASU / Yuka Tsuruno Gallery / Yutaka Kikutake Gallery

In collaboration with Nagoya University of the Arts, KAYOKOYUKI is pleased to present
2021-07-03

Information

URLhttp://www.kayokoyuki.com/jp/210630.php
Address〒170-0003 東京都豊島区駒込2-14-14

Other

利部 志穂 -マントルプルーム ― イザナミ、ペレの怒り。SHIHO KAGABU Mantle Plume -The Anger of Izanami ...
September 7 - October 6, 2019  この度KAYOKOYUKI では、9 月7 日(土)より、彫刻家 利部志穂(かがぶ・しほ)の個展「マントルプルーム ― イザナミ、ペレの怒り。」を開催いたします。文化庁新進芸術家海外研修制度の助成により、2 年間のイタリア、ミラノ滞在を経て、弊廊では約4 年ぶりの個展となります。どうぞご高覧ください。  利部志穂は、...
今村 洋平 YOHEI IMAMURA peak 3601
November 9 - 24, 2019 あいちトリエンナーレ2019でご好評いただいた新作「peak 3601」を、東京にてお披露目展示いたします。短い期間となりますが、この機会にぜひとも足をお運びください。 今村洋平は、学生時代から一貫し、版画のシルクスクリーンというアナログな複製技術から、樹脂性のオイルインクを数百回、数千回と重ねる行為によって彫刻的な作品を制作していま...
《終了間近》NEW INTIMACIES / ニュー・インティマシー by soda
現在、アーティスト・ラン・スペース soda の企画による展覧会「NEW INTIMACIES / ニュー・インティマシー」を開催中です。 残すところ1月31日、2月1日の2日間となりました。この機会に、ぜひご高覧ください。 NEW INTIMACIES / ニュー・インティマシー ・ 1月12日(日)〜 2月1日(土) 期間中の金、土、日、および祝日にオープン 12:00 ...
榎本耕一 写真展 「わたくしは鳥に抱き竦められて生きている」KOICHI ENOMOTO Photo Exhibition "Shadows of bir...
2月8日(土)より、アーティスト・ラン・スペース soda の企画による展覧会 榎本耕一 写真展「わたくしは鳥に抱き竦められて生きている」を開催いたします。ぜひ、ご高覧ください。 アーティスト・ラン・スペース soda は、2月8日(土)から3月1日(日)まで、 榎本耕一の写真展「わたくしは鳥に抱き竦められて生きている」を開催いたします。 画家である榎本耕一は、これまで、物語と現...
西村 有 Yu Nishimura / Around October
October 24 – November 29, 2020 open Wed. to Sat. noon-6pm, Sun. noon-5pm closed on Mon., Tue. and national holidays  この度KAYOKOYUKIでは、西村 有(にしむら・ゆう)の3年ぶりとなる個展「Around October」を開催いたします。また、パリのCrève...
10周年記念展 In their shoes
10周年記念展 In their shoes 1 / 2021.8.21(土)-9.19(日) アンダース・ディクソン / 上久保 徳子 / 小西 真奈 / 西村 有 / パグメント / 富田 正宣 In their shoes 2 / 2021.10.2(土)-11.7(日) イーライ・ボアナウスキー / 藤田 道子 / 櫃田 伸也 / 大野 綾子 / 髙木 大地 / エヴリン・タ...