Status: Gallery

Worksfollowingfollower
39729
温泉大作戦
無人島プロダクションは9月10日 (土) よりら9月25日 (日) まで、東京のギャラリーが海外ギャラリーをホストするイベント「温泉大作戦」の一環として、ヨーロッパから2つのギャラリーを迎え、作家5名によるグループ展を開催いたします。

ゲストギャラリー:
Galerie Gregor Staiger (チューリッヒ、スイス / ミラノ、イタリア)
Jan Kaps (ケルン、ドイツ)

出展作家:
アルバート・レオ・パイル(1946年生まれ/ドイツ)
ヴィットリオ・ブロードマン(1987年生まれ/ドイツ、スイス)
ケネス・バーグフェルド(1990年生まれ/ドイツ)
モンスター・チェットウィンド(1973年生まれ/イギリス・スイス)
風間サチコ(1972年生まれ/日本)

開廊日:水 – 金:13:00-19:00  土・日:12:00-18:00
休廊日:月・火・祝日
※休廊日が通常と異なりますので、ご確認ください。
※ 今後の状況により、営業時間の変更や、やむを得ず休廊となる場合があります。最新情報は随時ウェブサイトでご案内します。ご来場前に必ずご確認ください。

——————–
温泉大作戦とは?

温泉大作戦は、各都市のギャラリーとの展示プロジェクトと温泉旅行でのコンファレンスに参加するハイブリッドなイベントです。本イベントは、志を同じくするギャラリスト同士のコラボレーションと協力のスピリットが集結し東京の現代アート界の独自の文脈を友好的に紹介することを目指しています。

温泉大作戦は、これまでに世界中で開催されたイベント、ミルウォーキーインターナショナル、パラマウントランチ、コンド、オキドキ、フレンド・オブ・ア・フレンド、ヴィラ・プロジェクト(ヴィラ・ワルシャワ、ヴィラ・レイキャヴィック、ヴィラ・トロント)や非営利イニシアティブであるNADA(New Art Dealers Alliance)、パリス・インターナショナーレ、そしてギャラリーで組織された一般社団法人日本現代美術商協会やIGA(International Galleries Alliance)にインスパイアされました。

協賛:Cafe Sunday、ユトレヒト、uruotte、加賀美健
協力:Hikotaro Kanehira
旅行代理店:JTB
メディアスポンサー:Contemporary Art Library
宿泊:ハートピア熱海
企画:ローゼン・ジェフリー&美沙子、コブラ

詳細:http://onsenconfidential.com
2022-09-15

Information

URLhttps://www.mujin-to.com/exhibition/onsen/
Address東京都墨田区江東橋5-10-5

Other

八木良太展「浦島太郎の宇宙旅行」
無人島プロダクションでは、6月29日より8月1日まで八木良太展「浦島太郎の宇宙旅行」を開催しています。
South South Project "I draw, therefore I think"
無人島プロダクションはグローバルサウスからアートを発信するSouth Southによるキュレトリアルプロジェクト第一弾「I draw, therefore I think」に参加しています。本展はジティッシュ・カラット氏をキュレーターに迎え、29カ国、28ギャラリーから60人の作家が参加するドローイングにフォーカスしたオンライン展覧会です。無人島プロダクションは田口行弘のドローイングを展示い...
加藤翼展「縄張りと島」は9月20日まで
東京オペラシティ アートギャラリーで開催中の加藤翼展「縄張りと島」はいよいよ会期も残すところあとわずかとなりました。 最終日の9月20日(月・祝)は混雑が予想されますので、お早目にご来場ください。 ☆現在発売中の美術手帖10月号に、加藤翼のインタビューが16ページにわたって掲載されています☆ -------------------- 加藤翼「縄張りと島」 期間:20...
朝海陽子展 「touch」
無人島プロダクションでは、朝海陽子展「touch」を開催いたします。 朝海の個展は無人島プロダクションでは約6年ぶりとなります。 2020年世界中で新型コロナウイルスの感染拡大が起こり、日本も感染対策として社会的距離や三密を避けるなど、様々な境界が引かれました。 2016年から「モビリティ(移動性、流動性)」をテーマとした写真作品を撮り続けている朝海にとって、この移動制限は視線の転...
荒木悠展「双殻綱:第二幕」|Yu Araki "Bivalvia: Act II"
無人島プロダクションでは、荒木悠展「Bivalvia: Act II|双殻綱:第二幕」を開催します。 本展は荒木悠が2017年に無人島プロダクションで開催した個展「Bivalvia: Act I|双殻綱:第一幕」に続く第二幕となる展覧会です。前作から約4年半、いよいよ2つの映像からなる「双殻綱:第二幕」を公開する運びとなりました。 本展のメインとなる映像インスタレーションは、左右に分...