Status: Gallery

Worksfollowingfollower
39728
朝海陽子展 「touch」
無人島プロダクションでは、朝海陽子展「touch」を開催いたします。
朝海の個展は無人島プロダクションでは約6年ぶりとなります。

2020年世界中で新型コロナウイルスの感染拡大が起こり、日本も感染対策として社会的距離や三密を避けるなど、様々な境界が引かれました。
2016年から「モビリティ(移動性、流動性)」をテーマとした写真作品を撮り続けている朝海にとって、この移動制限は視線の転換点のひとつとなりました。これまでのありふれた日常が「非日常」となり、新たに出現した移動のない「日常」の出来事に目を向けるようになったのです。

本展は、ステイホームの中で朝海が見ていた日常の景色を題材とした新作映像作品《Bubble》を起点に、コロナ禍に制作された新作の写真シリーズ《ヒグラシ》と、コロナ禍以前に撮影された写真シリーズ《Meals》を配し、時間や空間の境界をまたぐように構成されます。

《ヒグラシ》は朝海の自宅近くの河川敷に毎夜花火をするために集まる人たちを観察し記録した写真です。花火は日本の夏の風物詩であると同時に、鎮魂や疫病退散を目的として打ち上げられてきたという歴史があります。コロナ禍での新たな生活様式の中で、行き場を制限された人々がマスクをした姿で花火に興じる姿は、人々のつどいや繋がりをより強く意識させ、まるで儀式を行っているかのようにも、また失われた日常を取り戻そうとするかのようにも見えます。

《Meals》は、食事の時間をテーマに、2018年に人々の夕食後の風景を記録したものです。気軽に他人の家に訪問することが困難となった現在、その人たちのおかれている環境や背景、関係性だけでなく、否応なしに増してゆく「ホーム」の存在をも映し出すこととなったのではないでしょうか。

非日常が日常へと変換されてゆくなか、いま現在もソーシャルディスタンスの渦中にいる私たちにとっての「touch」とは。
ぜひ会場でご覧ください。
2021-12-09

Information

URLhttps://www.mujin-to.com/exhibition/touch/
Address東京都墨田区江東橋5-10-5

Other

八木良太展「浦島太郎の宇宙旅行」
無人島プロダクションでは、6月29日より8月1日まで八木良太展「浦島太郎の宇宙旅行」を開催しています。
South South Project "I draw, therefore I think"
無人島プロダクションはグローバルサウスからアートを発信するSouth Southによるキュレトリアルプロジェクト第一弾「I draw, therefore I think」に参加しています。本展はジティッシュ・カラット氏をキュレーターに迎え、29カ国、28ギャラリーから60人の作家が参加するドローイングにフォーカスしたオンライン展覧会です。無人島プロダクションは田口行弘のドローイングを展示いたします。まだ記憶にも新しい、田口行弘:「CAFAA賞2020-2021」ファイナリストによる個展で公開したコロナ禍の中で描き続けたドローイング群の中から選んだものをご紹介しています。ぜひ、ご高覧ください。 We are delighted to announce our participation in SOUTH SOUTH’s inaugural Curatorial Project I draw, therefore I think curated by artist and curator Jitish Kallat. Experience the work of Yukihiro Taguchi alongside 60 artists across 29 countries from 28 galleries in their reflections on the relationship between drawing, the production of ideas and the evolutionary aspects of existence. This drawing project is prompted by Charles Darwin’s 1837 sketch ‘Tree of Life’ in which he scribbled down a framework for his speculations about evolution in one of his first “transmutation notebook”. This intuitive drawing of an evolutionary tree is headlined by the words ‘I think’ and is a precursor to Darwin’s radical theory of evolution, common descent, differential survival and natural selection. Kallat invites artists and audiences to consider if Darwin first wrote the words ‘I think’ and then proceeded to draw when words could not capture his emergent thoughts or if the drawing preceded the words; thus pointing to the bidirectional relationship between thought and drawing.
加藤翼展「縄張りと島」は9月20日まで
東京オペラシティ アートギャラリーで開催中の加藤翼展「縄張りと島」はいよいよ会期も残すところあとわずかとなりました。 最終日の9月20日(月・祝)は混雑が予想されますので、お早目にご来場ください。 ☆現在発売中の美術手帖10月号に、加藤翼のインタビューが16ページにわたって掲載されています☆ -------------------- 加藤翼「縄張りと島」 期間:2021年7月17日[土]~9月20日[月] 会場:東京オペラシティ アートギャラリー[3Fギャラリー1, 2] 開館時間:11:00~19:00(入場は18:30まで) 休館日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日) 入場料:一般1,200円[1,000円]、大学・高校生 800円[600円]、中学生以下無料