東京都品川区東品川1-33-10 TERRADA Art Complex 4F

Status: Gallery

Worksfollowingfollower
311733
高橋大輔 個展「絵画をやるーひるがえって明るい」
ANOMALYでは、2022年9月10日 (土) より10月8日 (土) まで、高橋大輔 個展「絵画をやる―ひるがえって明るい」を開催いたします。

高橋大輔(1980年、埼玉県生まれ)は、色彩が幾層にも重なった厚塗りの抽象絵画で知られる一方、近年は、ゆるやかにその作風を移行させ、具体的なモチーフを持つエキセントリックな絵画を発表しています。本展では、最新作を含む絵画約30点を展示いたします。

2011年以降の約5年間に、高橋は、夜に蛍光灯の下で絵画と対峙して描く厚塗りの《夜の絵画》から、家族構成や生活環境の変化により昼型の制作リズムとなったことで、明るい日のもとで自分の外側の世界も視界に入れながら描く薄塗りの《昼の絵画》へと転換し、さらに、画面の上層にニスを塗布し、自身と絵画を物理的に距てた《眠る絵画》へと作品を展開させました。
その後、2016年頃からは、数字などの記号が描かれた作品が萌芽的に現れ始め、近年では、自動筆記によるドローイングを契機に生み出された、文字を画面に取り入れた《白昼夢》シリーズを発表、さらに、子供の玩具を描いた《Toy》シリーズなど、身の回りにあるものをモチーフとする作品へと推移しています。

これらの新鮮な画面は、一見すると、描かれた絵の具それ自体を支持体にして絵の具を塗り重ねていく厚塗りの抽象絵画という、従来の高橋のスタイルからかけ離れているように見えますが、実際に作品の前に立つと、これまでの制作形態から抽出されたエッセンスが、細部へと落とし込まれていることが見て取れます。
例えば、《白昼夢 #4》(2022年)における、背景に塗布された白い油絵具の筆致、チューブから直に描かれた線のエッジ、構図のリズムは、約3mにおよぶ巨大な画面において顕在化し、《太陽》(2022年)では、考え抜かれた一切無駄のない線描と絶妙なバランスが緊張感を生み出す一方で、伸び伸びとした開放的な空間が広がっています。

高橋は、綿密なプランドローイングや検証を重ねた後にタブローへ向かいます。縄文/弥生などの時代年号や平成/令和などの元号を表す漢字(表意文字)、トラやキリンなどの子供の玩具、フライパン、一円玉、パイナップル、家の外壁など、日常生活において見慣れたものが、高橋の粗密かつリズミカルな筆致により、細部の関係性や、各所に広がる抽象的な空間に目が奪われることでゲシュタルト崩壊のような状態を促し、再び画面全体に視野を戻せば、日常から現れたモチーフが立ち上がり、ユーモラスに私たちと対面します。


最近の私の制作は、個人的な事情や社会的な危機により、今までのような厚塗りのスタイルだけで描くことが困難になりました。
そんな危機の中、私は一人の芸術家である前に、父として、生活者として、自立しなくてはならず、そのことが絵に変化をもたらしました。
子供のように描いたらいけないのか?文字を描いたらいけないのか?スタイルが変わってはなぜいけないのか?
信じる絵画観を疑ってみたり、技法書を参照したり、正当な美術史以外の美術ジャンルを作品に反映させたり、足し算だけで描くのではなく引き算したり、様々なレベルでのトライアルがありました。
そうした試みの果てに、私は日常や環境に生かされているという気持ちが強くなりました。今までやってきたことや、生きてきた時間の外側を見つめるようになりました。そして、自分が今居る場所や等身大の日常、ひいては自分が生きているということを強く肯定することになったのです。
気持ちは、ひるがえって明るくなり、さらに身近なものを描くようになりました。例えば、玩具や、文字、家の外壁などです。描くべきものはすぐ近くにあったのです。
私はどんな状況でも絵を描いてきました。これからも描くのだと思います。

ー 高橋大輔


絵画空間が生活空間と密接な関係を取り結びながら深化する高橋の作品は、すでに見知ったはずの世界と出会い直し、新しく世界を捉えなおすことのできる装置として、私たちの前に現れます。
時事刻々と変化する環境に真摯に向き合いながら作品を展開させてきた高橋にとって新境地ともいえる、清々しいほどに突き抜けた表現に是非ご注目ください。

展覧会の詳細はHPをご覧ください。
http://anomalytokyo.com/exhibition/daisuke_takahashi_solo_exhibition2022
2022-09-08

Information

URLhttp://anomalytokyo.com/
Address東京都品川区東品川1-33-10 Terrada Art Complex 4F

Other

玉山拓郎 個展 "Anything will slip off / If cut diagonally"
ANOMALYでは、2021年7月17日 (土) より8月14日 (土) まで、玉山拓郎 (たまやま・たくろう) 個展「Anything will slip off / If cut diagonally」を開催いたします。 展覧会の詳細はHPをご覧ください。 http://anomalytokyo.com/exhibition/takuro_tamayama/
風が吹いてなにかがピリンと鳴った
新宿美術学院内に併設されているSHINBI GALLERYにて、金田実生さんの個展が開催されています。 近作のペインティングのほか、ドローイングの映像も展示されています。ぜひご高覧ください。 ---------- 風が吹いてなにかがピリンと鳴った 会期:2021年6月18日(金)-7月18日(土) 10:00-19:00/月〜土 10:00-16:30/日 会場:SHINBI...
今週末開幕「project N 83 衣川明子」東京オペラシティアートギャラリー 4Fコリドール
今週末7月17日(土)より東京オペラシティアートギャラリー 4Fコリドールにて、「project N 83 衣川明子」が開幕いたします。加藤翼さんの個展「縄張りと島」との同時開催です。この機会にぜひご高覧ください。 ---------- project N 83 衣川明子 会期:2021年7月17日(土)─ 9月20日(月) 開館時間:11:00 ─ 19:00(入場は18:3...
今週末開幕 潘逸舟「MOTアニュアル2021  海、リビングルーム、頭蓋骨」
今週末より東京都現代美術館で開幕の「MOTアニュアル2021  海、リビングルーム、頭蓋骨」に潘逸舟が参加いたします。7月18日(日)開催の関連イベントのアーティスト・トークには、小杉大介さんとともに潘逸舟も登壇いたします。この機会にぜひご参加ください! ---------- 潘逸舟 「MOTアニュアル2021  海、リビングルーム、頭蓋骨」 会期:2021年7月17日(土)─ ...
渡辺豪 個展「所在について」
ANOMALYでは、2022年3月5日(土)から4月2日(土)まで、渡辺豪 個展「所在について」を開催いたします。 渡辺豪 (1975年兵庫県生まれ) は、愛知県立芸術大学大学院在籍中より3DCGを用いた作品の可能性を探求し始めました。2002年にポリゴン*1)で構成された顔にヒトの皮膚画像を貼り付けた作品《“フェイス”》を発表、《フェイス (“ポートレート”) 》シリーズへと展開して...
アン・イーストマン「Mountain Passage」
ANOMALYでは、2022年9月10日 (土) より9月24日 (土) まで、「温泉大作戦」のプロジェクトの一環として、アン・イーストマンによる個展「Mountain Passage」を開催いたします。 ゲストギャラリー:The Green Gallery (ミルウォーキー、ウィスコンシン州、アメリカ) アン・イーストマン 1973年米国・サンフランシスコ生まれ。バークレー、シン...