山本篤「MY HOME IS NOT YOUR HOME」

会期:2022年7月23日(土) ‒ 9月3日(土) *夏季休廊:8月14日(日) ‒ 8月22日(月)
会場:シュウゴアーツ
開廊時間:12:00 – 18:00 日月祝休廊
*オープニングレセプションは開催いたしません。新型コロナウィルス対策のため開廊時間を短縮しております。

協力:ベンキュージャパン、機材提供:宮路雅行、Soulful Brothers、技術協力:奥多摩美術研究所

https://shugoarts.com/news/47605/

=====

シュウゴアーツでは初めてとなる山本篤の個展を開催する。2003年、多摩美術⼤学絵画学科を卒業した山本篤は、ベルリンに渡りアーティストとしての道を模索していた最中に、ブルース・ナウマンの展示に出会い、アートを完成されたモノとしてではなく、現在進行形の行為としてアプローチするナウマンの手法に衝撃を受けた。以降山本は「作品がどう見えるかではなく、何がなされているか。HOWよりWHAT。クオリティよりアティチュード」という考えのもと、絵画から映像の世界へ転向し、「自分が本当に見てみたい」という「欲望」を燃料に身の回りのあらゆる材料を用いて手を動かし続けた。その結果として15年間で200本を超える映像作品を残すに至る。
2018年から一年間、山本は安定した日常サイクルからの逸脱を求め、家族を連れてベトナム・フエに滞在した。経済的にも世代的にも変革を迎え、伝統的なコミュニティや戦争の傷痕が消えつつある彼の地において、山本は制作に向けられた自分自身の欲望は主体的なものではなく、環境によって様々に引き起こされる「反応」であると気づく。そして帰国後にコロナ禍に突入し、世界的に日常が日常でなくなり、他者との繋がりが大きく変化する中、在宅という閉ざされた状況の中で発生する自身の反応をつぶさに見つめることとなった。そうして山本は「家」というキーワードを物質的な側面に限定せず、個と個、個と国家、個と地球など、複数の概念の境界線として捉え、様々な関係性のリフレームを試みる。本展では帰る場所としての家、ドリームハウス、人間以外の存在にとっての家など、ベトナムとコロナ禍の日本で制作された映像作品を発表する。


2022年5月 シュウゴアーツ

Galleries (Click to see works)

complex665 2F, 6-5-24, Roppongi Minato-ku Tokyo, Japan

Works