東京都豊島区駒込2-14-2

Status: Gallery

Worksfollowingfollower
351833
EVELYN TAOCHENG WANG エヴェリン・タオチェン・ワン Norwegian Music in Dutch Window -オランダの窓中にあるノルウェーの音楽
June 24 - July 31, 2022
opening reception: June 24 (17:00 - 19:00)
supported by: Embassy of the Kingdom of the Netherlands

opened Wed. to Sat. noon-6pm, Sun. noon-5pm
closed on Mon., Tue. and national holidays

このたびKAYOKOYUKIでは、エブリン・タオチェン・ワンの日本での初個展「Norwegian Music in Dutch Window」を開催いたします。本展はCOVID-19の事情により開催を控えておりましたが、1年半の準備期間を経てようやく実現することとなりました。ぜひこの機会に、待望の展覧会をご覧ください。

オランダを拠点とする中国出身のアーティスト、エヴェリン・タオチェン・ワンは、絵画、パフォーマンス、インスタレーション、書道などの幅広い表現手法をもとに、中国の伝統絵画の流用、女性性、文化的アイデンティティといったテーマを横断的に扱ってきました。彼女は近年のシリーズ作品「オランダの窓中にあるノルウェーの音楽」で窓をモチーフとしています。それは、多層的かつ稠密な構造をそなえており、また際限のない解釈のありようを、一つの光景として差し出してもいます。

窓、とりわけオランダ国内にあり、建築的な特徴が実際に参照されてきた窓は、エヴェリンの人生の多くの場面で、その枠の向こうに広がる景色をも含め、象徴的な意味合いを持ってきました。アーティスト自身とその表現にとって意義のあるそうした窓の数々を、エヴェリンは記憶だけを頼りに、メタフィジカルな実存性をもとに描き出します。というのもエヴェリンにとって「印象」とは、消費行為が加熱して視覚性が支配する、そんな現代社会に目を配る代替的手段につながる価値を有しているのです(※1)。

美術史とその伝統への造詣を深め、また性差や民族的な出自、社会経済的な面でマイノリティとしての自覚を迫られるなか、エヴェリンはアイデンティティと表象の問題にいたく関心を寄せるようになりました。エヴェリンによる素材の理知的な見せ方と繊細な筆致、捕らわれのない手法。くわえて、作品内にみられる言葉の数々であるとともに、独創的な文法と詩的なユーモアをそなえた作品タイトルに当てはまる(※2)、言語の列挙の仕方やコンポジション。これらは、微に入り細を穿つように、エヴェリンを取り巻く世界から彼女が感じとる、プレッシャーや不安定さを表しています。

また、「自己とは何か」というテーマと向き合い、複数の表現媒体を扱いながらそれぞれを独立したアイデンティティとみなしてきたエヴェリンは、いつしかそれらを区分けすることの正当性を疑い、その共存を受け入れるようになりました。

本展でエヴェリンが目指しているのは、一つの物語の共有です。その物語は、たとえはっきりとした精緻な答えを導かなくとも、望むらくは、仏教の公案や詩情ある俳句の一片のように機能する、そんな物語なのです。エヴェリンは、作品に決まった意味を持たせてはいませんが、しかし継続中のシリーズである「オランダの窓」に投影された、自身にとって核となる「自己」をめぐるその問いかけによって彼女は、ちょうどノルウェーの音楽のように、人々や事物、言葉、コンテクストとのさりげない日常の出会いを内観し、その真摯な音色に耳を傾けるための時間を、いっそう深い自己理解に向けた「窓」という形で、観客に促しているのかもしれません。

Evelyn Taocheng Wang(中国 1981年生まれ、ロッテルダム在住)は、中国で絵画を学んだ後、フランクフルトのStädelschuleに入学。2012年から2014年まで、De Ateliers(アムステルダム)のレジデント・アーティストとして滞在。ABN AMRO Art Award(2019)、Dolf Henkes Prize(2019)のほか、Dorothea von Stetten Award、Volkskrant Beeldende Kunst Prize(共に2016)を受賞している。これまでに、Kunstverein für die Rheinlande und Westfalen(デュッセルドルフ、ドイツ)、Museum Abteiberg(メンヘングラートバッハ、ドイツ)、Hermitage Amsterdam(オランダ)、KevinSpace(ウィーン、オーストリア)、FRAC Champagne-Ardenne(ランス、フランス)、KW - institute for contemporary art(ベルリン、ドイツ)、Frans Hals Museum | Hallen Haarlem(オランダ)で個展を行っている。Manifesta 11(チューリッヒ、スイス)、Centre Pompidou(パリ、フランス)、WIELS(ブリュッセル、ベルギー)、Stedelijk Museum Amsterdam(オランダ)、Vleeshal(ミドルバーグ、オランダ)、The Kitchen(ニューヨーク、アメリカ)などのグループショーへの参加や、Documenta 14(カッセル、ドイツ)でもパフォーマンスを披露している。彼女の作品は、Art Institute of Chicago(シカゴ、アメリカ)、Bonnefanten Museum(マーストリヒト、オランダ)、Centre Pompidou(パリ、フランス)、Stedelijk Museum Amsterdam(オランダ)、FRAC Champagne-Ardenne(ランス、フランス)、Museum Abteiberg Mönchengladbach(ドイツ)にて収蔵されている。



KAYOKOYUKI is pleased to present Evelyn Taocheng Wang's first solo exhibition in Japan, Norwegian Music in Dutch Window. This exhibit had been withheld due to COVID-19 circumstances, and has finally come to be realized after a year and a half of preparation. We hope you take this opportunity to view this awaited show.

Characterized by her vast approach in art--from paintings to performances, installations and calligraphy--with broad themes as appropriation on traditional Chinese painting, feminine temperament and cultural identity, Dutch-based Chinese-born artist Evelyn Taocheng Wang, unfolds a scene of boundless interpretation through her recent series of multi-layered intricate portrayals of windows in Norwegian Music in Dutch Window.

Windows, specifically Dutch Windows, used as architectural reference, possess great significance to Evelyn and her works as they and the sceneries which lie before them have been a symbolic view on numerous occasions throughout her life. Evelyn renders her Windows through mere memory and metaphysical existences, as she values impressions to be an alternative in observing our hyper-consumed and visible world of today.(※1)

Immersing in rich art history and their traditions, and having experienced herself as a minority--sexually, ethinacally, socio-economically--she finds the concept of identity and image to be of substantial interest. Evelyn's conscious presentation of material, thin strokes, and playful manner; along with alignments and compositions of language--as like the words within her works, as well as titles which carry idiosyncratic grammar and poetic humor(※2)--carefully deliver her pressures and insecurities in the world around her.

Evelyn also explores the idea of oneself with her use of multiple media--regarding each medium to be of a single identity--coming to challenge their boundaries, and to accept their coexistence.
For this exhibit, Evelyn claims to share a story. One, which may not perhaps provide a clear and precise answer, but would hope to function as like a piece of Buddhist Koan, or poetic haiku. And although Evelyn does not pose a fixed meaning for her works, with her underlying question of the self projected onto her consecutive series of Dutch Windows, she may be encouraging the audience to take a moment to reflect upon their subtle daily encounters of people, things, words and contexts, such as Norwegian Music, and to listen to their sincere tunes, perhaps as a window to a more insightful understanding of oneself.

Evelyn Taocheng Wang (China 1981, lives and works in Rotterdam) studied painting in China before attending the Städelschule, Frankfurt. From 2012-2014 she was a resident artist at De Ateliers, Amsterdam. She has won the ABN AMRO Art Award (2019) and Dolf Henkes Prize (2019) as well as the Dorothea von Stetten Award and the Volkskrant Beeldende Kunst Prize (both 2016). She has had solo shows at Kunstverein für die Rheinlande und Westfalen, Düsseldorf, Germany; Museum Abteiberg, Mönchengladbach, Germany; Hermitage Amsterdam, The Netherlands; KevinSpace, Vienna, Austria; FRAC Champagne-Ardenne, Reims, France; KW – institute for contemporary art, Berlin, Germany; Frans Hals Museum | Hallen Haarlem, The Netherlands. She has participated in Manifesta 11, Zurich, Switzerland; as well as groupshows Centre Pompidou, Paris, France; WIELS, Brussels, Belgium and Stedelijk Museum Amsterdam, The Netherlands; Vleeshal, Middelburg, The Netherlands; The Kitchen, New York, United States ofAmerica. Her performances have been presented at Stedelijk Museum Amsterdam, The Netherlands and Documenta 14, Kassel, Germany. Wang’s work has been collected by the Art Institute of Chicago,Chicago, United States; Bonnefanten Museum, Maastricht, The Netherlands; Centre Pompidou, Paris, France; Stedelijk Museum Amsterdam, The Netherlandsand; FRAC Champagne-Ardenne, Reims, France; and Museum Abteiberg Mönchengladbach, Germany.

(※1). Isabel Parkers. Who Is the Master?: On Evelyn Taocheng Wang's process of observation, error, and transformation. Art Basel.
(※2). Carlo Prada. (April 21, 2017). Rising Artist to Watch: Evelyn Taocheng Wang. Conceptual Fine Arts.
2022-06-16

Information

URLhttp://www.kayokoyuki.com/jp/220624.php
Address2-14-14 Komagome, Toshima-ku, Tokyo 170-0003 Japan 〒170-0003 東京都豊島区駒込2-14-14

Other

利部 志穂 -マントルプルーム ― イザナミ、ペレの怒り。SHIHO KAGABU Mantle Plume -The Anger of Izanami ...
September 7 - October 6, 2019  この度KAYOKOYUKI では、9 月7 日(土)より、彫刻家 利部志穂(かがぶ・しほ)の個展「マントルプルーム ― イザナミ、ペレの怒り。」を開催いたします。文化庁新進芸術家海外研修制度の助成により、2 年間のイタリア、ミラノ滞在を経て、弊廊では約4 年ぶりの個展となります。どうぞご高覧ください。  利部志穂は、...
今村 洋平 YOHEI IMAMURA peak 3601
November 9 - 24, 2019 あいちトリエンナーレ2019でご好評いただいた新作「peak 3601」を、東京にてお披露目展示いたします。短い期間となりますが、この機会にぜひとも足をお運びください。 今村洋平は、学生時代から一貫し、版画のシルクスクリーンというアナログな複製技術から、樹脂性のオイルインクを数百回、数千回と重ねる行為によって彫刻的な作品を制作していま...
《終了間近》NEW INTIMACIES / ニュー・インティマシー by soda
現在、アーティスト・ラン・スペース soda の企画による展覧会「NEW INTIMACIES / ニュー・インティマシー」を開催中です。 残すところ1月31日、2月1日の2日間となりました。この機会に、ぜひご高覧ください。 NEW INTIMACIES / ニュー・インティマシー ・ 1月12日(日)〜 2月1日(土) 期間中の金、土、日、および祝日にオープン 12:00 ...
榎本耕一 写真展 「わたくしは鳥に抱き竦められて生きている」KOICHI ENOMOTO Photo Exhibition "Shadows of bir...
2月8日(土)より、アーティスト・ラン・スペース soda の企画による展覧会 榎本耕一 写真展「わたくしは鳥に抱き竦められて生きている」を開催いたします。ぜひ、ご高覧ください。 アーティスト・ラン・スペース soda は、2月8日(土)から3月1日(日)まで、 榎本耕一の写真展「わたくしは鳥に抱き竦められて生きている」を開催いたします。 画家である榎本耕一は、これまで、物語と現...
西村 有 Yu Nishimura / Around October
October 24 – November 29, 2020 open Wed. to Sat. noon-6pm, Sun. noon-5pm closed on Mon., Tue. and national holidays  この度KAYOKOYUKIでは、西村 有(にしむら・ゆう)の3年ぶりとなる個展「Around October」を開催いたします。また、パリのCrève...
デルタ / DELTA 2021.6.30 - 7.18
青田 真也 / 秋吉 風人 / 有賀 まなみ / 宇留野 圭 / 大田黒 衣美 / 大野 未来 / 小笠原 盛久 / 金 里珉 / 小池 匡徳 / 髙橋 凜 / 田村 友一郎 / 三宅 砂織 / 本山 ゆかり / 山本 将吾 / 渡辺 英司 主催:名古屋芸術大学、KAYOKOYUKI 協力: SCAI THE BATHHOUSE / AOYAMA | MEGURO / WAITIN...