Status: Gallery

Worksfollowingfollower
2484484
【2/20 Live配信】画廊放浪記 #07|大岩 雄典×亀井 博司「私有化とインストール_インスタレーションの〈置き場〉」CADAN Art Channel powered by MUUSEO
CADAN Art Channelは、一般社団法人 日本現代美術商協会(CADAN)とミューゼオ株式会社による現代アートの番組です。

シリーズ「画廊放浪記」第7回はTALION GALLERYにて2021年2月13日から2021年3月14日まで開催される大岩雄典個展「無闇」を訪問。美術家の大岩雄典さんと、アート・コレクターの亀井博司さんの対談を配信いたします。

「無闇」では、四角い展示室のなかで、耳元をかすめるように響く音声によって構成されるインスタレーションが展示されます。

今回の配信では、空間芸術として「どこかにインストールされる」ことで、作品内外の空間の境界をつくってかき乱すことが重要なインスタレーション作品について、そのポテンシャルを失わずに私有することはどのようにして可能なのか、二人の対談を通して考えていきます。


大岩 雄典(イラスト:山本悠)
1993年生まれ。美術家、東京芸術大学大学院映像研究科博士後期課程在籍。1970年代以降現代美術の中心的実践となったインスタレーションという芸術形式について、フィクション研究や言語哲学、ゲーム研究などを主題に研究・制作。

最近の個展に、漫才を空間に組み込んだインスタレーション「バカンス」(2020 / トーキョーアーツアンドスペース本郷 / 公募「OPEN SITE 5」採択企画)、上下階を使った構成で時間のずれを錯覚させた「スローアクター」(2019 / 駒込倉庫)など。『早稲田文学』『ユリイカ』『美術手帖』などに寄稿。目白のTALION GALLERYにて、個展「無闇|Blind」を開催(2/13〜3/14)。

亀井 博司(似顔絵:佐藤允)
1987年生まれ。大阪市出身。サラリーマン現代アートコレクター。社会人1年目に人生で初めて入ったギャラリーで佐藤允の作品と出会い、強い衝撃を受けその場で購入を決意。それ以降毎年継続的に作品を購入するようになる。

国内外の作家をコレクションしており、点数は約80点。現代アートの面白さを多くの人に広めることに関心があり、ギャラリーでの作品鑑賞の手助けとなる、作家との対談型オーディオガイド制作も行っている。


配信日時:2021年2月20日(土)20:00-21:00
イベント開催方式:LIVE配信
参加費:無料
視聴方法:WEB会議ツール「Zoom」を使用いたします。URLをクリックした先のページでお申し込みください。
※視聴者の皆様のお顔やお名前が配信画面に映ることはありません。
2021-02-15

Information

URLhttps://muuseo.com/live/events/39

Other

Burart Diary
CaM is featured in the weblog Bur@rt which is operated by our member collector. Thank you so much!
“ArtLog” function release ArtLog(アートログ)機能リリースのお知らせ
News : “ArtLog” function release Thank you for using CaM. We are pleased to announce that w...
Chihhung Liu Interview - MUUSEO SQUARE
Artist Interview by Collectors. The 1st edition has just been released. The artist is Mr Chihhung...