平田尚也「さかしま」

2021年9月25日(土)〜10月23日(土)
開廊時間:12.00-18.00
日、月、祝、休
オープニングレセプションはありません。
会期、時間につきましては変更の可能性がございます。あらかじめご了承ください。

この度Satoko Oe Contemporaryでは、平田尚也(b.1991)の個展「さかしま」を開催いたします。

平田は、空間、時間、物理性をテーマに、インターネット空間で収集した既成の3Dモデルや画像などを素材とし、主にアッサンブラージュ(寄せ集め)の手法でPCの仮想空間に構築した彫刻作品を現実に投影し発表しています。仮像を用いることによって新たな秩序の中で存在するもう一つのリアリティを体現し、ありえるかもしれない世界の別バージョンをいくつも試すことによって現実の事物間の関係性を問い直し、また、彫刻史の現代的な解釈を考察しています。

平田の、現実と仮想の往来は速やかで、それぞれのクオリティの違いを楽しんでいるかのようです。現実に投影された作品の表情は様々で、写真であったり、3Dプリンターで出力された立体彫刻であったり、そして映像であったりしながら、仮想空間に存在する彫刻作品を現実世界に投影させています。

展覧会タイトルとなっている「さかしま」は、1884年に刊行されたJ.K.ユイスマンスの小説で、日本語版は澁澤龍彦が翻訳しています。貴族の末裔の男デ・ゼッサントが郊外の一軒家に篭り、隠匿生活を送りながら自らの部屋に人工楽園を築いてゆくという話です。

今展において、私たちが平田の築く人工楽園を垣間見る機会となれば幸いです。
何卒よろしくお願い申し上げます。

Satoko Oe Contemporary

Galleries (Click to see works)

東京都江東区白河3-18-8 第二杉田ビル1階

Works